平塚競輪場の特徴や傾向・予想のポイント

競輪場
平塚競輪場 競輪場

平塚競輪場は神奈川県平塚市にあり、競輪グランプリの開催場として広く知られ、若者やファミリー層で賑わう競輪場です。

平塚競輪を予想する上で、バンクの軽さが非常に重要となります。競輪選手にも得意なバンクと苦手なバンクが存在していて、軽いバンクを得意とする選手もいます、それなのにバンクの軽さを考慮せずに車券を買って外している人はいませんか。ちょっと意識して選手の特徴を見ていけば、平塚競輪のバンクで好走する選手がみえてきます。

詳細なデータをもとに分析をしていくので、最後まで読み進めてくださいね。

平塚競輪場の特徴まとめ

平塚競輪場は、タレントをイメージキャラクターに使用したり、プロレスやヒーローショーなどを開催したり、PR活動やファンサービスに力を入れている競輪場です。これらの努力のおかげもあってか、子ども連れのファミリー客や若者が多く来場していて活気があります。

そんな平塚競輪場のバンク特徴は傾向がはっきりとしています。バンク特徴をつかむことで、傾向と対策が掴め車券の回収率があがっていきます。平塚競輪場の特徴をおおまかに3つにまとめました。

  • 直線はやや長めで、軽いバンク
  • 脚質はスプリントタイプのダッシュ力のある選手から狙う
  • 決まり手は捲り、差しが目立つ

上記の3つの特徴を1つずつ解説していきます。

直線はやや長め、軽いバンク

平塚競輪場のバンクデータは以下の通りです。

見なし直線距離 54.2m
センター部路面傾斜 31°28’37”
直線部路面傾斜 3°26’1″
ホーム幅員 11.0m
バック幅員 9.3m
センター幅員 7.5m

出典:keirin.jp

平塚競輪場は競輪で標準となっている400mバンクです。4コーナー出口から決勝線までの見なし直線は54.2mでやや長めです。直線が長いと先行選手より追い込み選手の活躍が目立つようになります。平塚競輪も他場に比べ先行選手がやや苦戦する傾向にあります。

平塚競輪のカントは平均的なキツさです。カントは傾斜のことで傾斜がきつければきついほど傾斜を駆け降りることができるためスピードに乗ったレース展開となります。カントが平均的ということは先行と捲りに有利不利はあまりないことになります。

平塚競輪のバンクは直線がやや長く、カントが平均的なため先行選手が少し苦戦します。

脚質はスプリントタイプのダッシュ力のある選手から狙う

平塚競輪のバンクは選手の間で軽いと言われています。バンクが軽いと踏み出したときに負担がかからずスピードに乗りやすいと考えられます。そのため捲りが決まりやすくなっています

そのような特徴を踏まえると、平塚競輪で狙いたいのはスプリントタイプのダッシュ力のある捲りを得意とする選手です。持続力があまりなくても、一瞬のスピードで出切ってしまえば好結果が待っています。マークする選手がうまく追走できるかどうかも予想の判断で重要です。踏み出しが軽いとスピードに乗りますのでマークする選手が千切れる可能性が高くなってしまいます。特にA級チャレンジ戦では脚力に差がありますのでマーク選手の千切れには注意が必要です。

決まり手は捲り、差しが目立つ

平塚競輪場の決まり手データをみていきましょう。
1着の決まり手

逃げ 19% 捲り 36% 差し 45%

2着の決まり手

逃げ 17% 捲り 14% 差し 31% マーク 38%

出典:keirin.jp

全体的な決まり手では捲りの決まり手が他場に比べると若干高くなっているのが特徴です。これは選手間で平塚のバンクが軽いと言われていることに理由があります。バンクが軽いと踏み出しが楽になるので捲り脚に勢いがつきやすいことと関連しているように感じます。またバンクが軽いと追走も楽なので差しの決まり手も多くなっています。

それでは、さらに細かく級班別の決まり手データをみていきましょう。
S級戦での1着の決まり手

逃げ 12.3% 捲り 35.3% 差し 52.5%

A級1・2班戦での1着の決まり手

逃げ 15.7% 捲り 34.9% 差し 49.4%

出典:Gamboo

S級戦では、使える脚が長いので選手同士の動きが活発になり一般的に逃げの決まり手が少なくなり捲りが多くなる傾向がありますが、平塚競輪においては、S級でもA級戦でも逃げと捲りの決まり手にあまり差がないということは頭に入れておいてよいでしょう。差しも同じような数値となっていますから脚力による決まり手にあまり差がないともいえるでしょう。

平塚競輪場のレース成績から傾向を読み解く

これまで、平塚競輪場の特徴をみてきました。次にその特徴を踏まえ実際のレース成績から傾向を探っていきましょう。

  • イン粘りを狙ってみたい
  • 3番手選手が高配当の鍵
  • 風向きによって傾向が変る

この3点に注意して、傾向を読み解いていきましょう。

イン粘りを狙ってみたい

平塚競輪場はバンクが軽いと言われています。そのため番手選手が追走にあまり脚を使わなくて済み、差しの決まり手が多くみられます。
そのような特性から狙いたいのがイン粘りしそうな選手です。粘った選手が脚をあまり使わずに番手を奪うことができるため、番手で粘って脚が売り切れるという可能性が少しだけ減少します。追走が楽な分、期待値が高くなります。

しかし、レースは水物でイン粘りするかしないかは実際に走ってみなければわかりません。ただ、しそうな選手を追いかけていけば期待値が高いと言えるかもしれません。

3番手の選手が高配当の鍵

平塚競輪は3番手選手が1着にきて大波乱ということがよく起こります。データ上でも、ライン3番手選手の1着率は4.78%と400mバンク31場の中で4番目の数字を持っています(出典:Gamboo)。
混戦が予想される時は、思い切って3番手選手の頭から買ってみても面白いですね。

風向きによって傾向が変る

平塚競輪場は、バック側に相模川と海があり風が吹き込んできます。風が弱い日はそれほど気にする必要はありませんが、風の強い日はレース傾向がガラッと変わることもあります。風が強い日は3コーナーから直線入り口までハンドルが外に持っていかれる感じがするというコメントが選手から聞かれます。そうなると直線ばらけて差し場が増えるため追い込み選手同士の「差しー差し」で決まる可能性があがりますので、直前のバンクコンディションに注意してみてください。

平塚競輪場で勝つためのコツ

平塚競輪はっきりとした傾向があまりでない競輪場ですが、抑えておきたいこともたくさんありましたね。最後におさらいとして今まで考察したことをまとめていきます。

  • 直線がやや長く、軽いバンクなのでダッシュ型を狙う
  • イン粘りを狙ってみる
  • 3番手選手の突っ込みに注意

これらを踏まえると、ダッシュ型の捲り選手からの「捲りーマーク」や逃げた選手の番手と絡めた「捲りー差し」という車券おすすめです。ダッシュ型いない場合は、思い切ってライン3番手の頭から勝負したり、イン粘りしそうな選手から買ってみるなどいろいろと楽しみな買い方ができます。

平塚のバンクを得意としている選手を見つけていけば、車券生活も夢ではありませんね。

口コミ投稿

タイトルとURLをコピーしました