小倉競輪場の特徴や傾向・予想のポイント

競輪場
小倉競輪場 競輪場

競輪発祥の地であり、ミッドナイト競輪の歴史が始まった地でもある小倉競輪場。競輪祭でもおなじみで、KEIRINグランプリの最終切符を誰がつかむのかにも注目が集まります。

走りやすいコースかと思いきや、選手によっては重く感じるなど、人によって感覚が異なることも明らかになっています。

細かなデータなどを参考にしながら、小倉競輪場の傾向と対策、特徴をまとめました。

小倉競輪場の特徴まとめ

日本で最初にできた競輪場である小倉競輪場。毎年11月にはGⅠ競輪祭が開催されています。KEIRINグランプリの最後の1枠を争う選手たちの気迫を感じ取れます。

そんな小倉競輪場の特徴ですが、以下の3点が浮上します。

  • 日本屈指の高速バンク
  • 脚質は逃げも追いも変わらず
  • 決まり手はまくりと差し、2着はマーク

以上3点について、これから解説を行っていきます。

バンクの特徴

バンク基礎データは以下のようになっています。

見なし直線距離 センター部路面傾斜 直線部路面傾斜 ホーム幅員 バック幅員 センター幅員
56.9m 34°1′48″ 3°26′1″ 11.0m 10.0m 8.0m

北九州メディアドームの中に小倉競輪場を作る際、全国の競輪場のデータを集め、最も走りやすいコースを完成させました。

脚力がそのまま結果につながるようなコースにし、おまけに風がないので、高速バンク化しています。

直線は約57メートルとやや長めで、カントがややきつく、まくりがききやすそうなコースです。

風がないために1周全速力でも持たせられるという特徴もあります。有利不利はなく、調子の良さが出やすいという見方もできそうです。

ただし、気になる情報も。競輪選手の垣外中勝哉選手は、このようにブログで語っていました。

レース後、みんなと話をしていた中で、ドームの走路は他の野外のバンクより重たいと言う話になりました。

今までは軽いイメージがありましたが、今回3日間重く感じたので、他の選手聞いてみたところ、皆、一様に「重たい」と言ってました。

引用:小倉KEIRIN(20.3.5~3.7)

軽いと思われていた小倉競輪場は実は重かった可能性が。つい最近の傾向だとすると、スピードよりパワーが問われるようになるのかもしれません。

脚質

次に、小倉競輪場の3着までの脚質についてご紹介します。

着順
1着 37% 39% 24%
2着 26% 56% 18%
3着 20% 62% 18%

出典:KEIRIN.JP

「逃」脚質も「追」脚質もそこまで変わらず、脚質の有利不利はさほどないとみていいでしょう。

先行勢が粘りこみを図るケースも、番手につけた選手が差すことも考えられ、展開次第、仕掛けどころ次第で大きく変わると見るべきです。

2着、3着になると「追」脚質が目立ち始め、逃げが残しにくいことからも、車券の組み立て方がなんとなくイメージしやすくなるでしょう。

決まり手

1着の決まり手
逃げ 18% まくり 32% 差し 50%

出典:keirin.jp

全体的な400メートルバンクと比べると、差しが1着になる率はやや低く、まくりが決まりやすいことが言えます。

3コーナーから強引なまくりは決まりにくいものの、2コーナーなどで仕掛ければ十分にまくり切れるため、そのあたりもまくりの数値を多少上げていることでしょう。

2着の決まり手
逃げ 17% まくり 16% 差し 27% マーク 40%

出典:keirin.jp

400メートルバンクでは、だいたい平均的な部類であり、やや差しよりマークの数値がいいというのがポイントです。

まくりに行った選手のマーク、そのラインで車券を組み立てることでおいしい配当をゲットできる可能性が出てきます。

三番手の突き抜けは厳しいか

3人で1つのラインを組んだ場合、三番手の選手が最後の直線で突き抜けるかどうか、その率を調べたところ、400メートルバンク31場の中で27位、ワースト5位だった小倉競輪場。

レース数は他の競輪場より断然多いことを考えると、確率の偏りではなく、1つのはっきりとした傾向とみるべきです。

先ほどの垣外中選手の言葉ではないですが、重いバンクになると突き抜けにくくなるのかもしれません。

小倉競輪場のレース成績から傾向を読み解く

2020年3月5日~3月7日に開催されたFIIオッズパーク杯における1着と2着の決まり手回数を表にまとめてみました。

日付 着 逃げ まくり 差し マーク
3月5日 1着 1 3 3
3月5日 2着 1 0 3 3
3月6日 1着 4 2 1
3月6日 2着 1 0 2 4
3月7日 1着 3 1 3
3月7日 2着 3 0 0 4

参照:KEIRIN.JP

逃げが決まりやすい一方、まくりの2着がないなど、全体的にはっきりとした傾向が出ています。

マークが多いということは、重くて差し切れないという考え方ができそうです。

競輪祭は逃げ残りに注意

毎年開催される競輪祭、その決勝ですが、決まり手を見るとまくりが40%、差しが55%となっており、逃げた選手がそのまま残る可能性が非常に低いことがわかります。(出典:KEIRIN.JP

2着のマークも30%と平均よりも低いため、スジ車券の可能性はそこまで高くないことがわかります。

では、ほかにどのような傾向があるのかですが、最大の特徴は「逃」脚質。1着の脚質が「逃」だと35%、「追」が15%、自在が50%です。

2着の脚質を見ると、なんと「逃」が75%も。逃げやまくりを決め、2着に粘るケースが多いです。

2018年の競輪祭決勝、逃げた脇本雄太選手のライン三番手、浅井康太選手が最後に差して優勝、脇本選手が2番手に残す形に。2車単は3,270円とそこそこつく結果になっています。

F2の予選は逃げ有利

ミッドナイト競輪はF2開催となるので、初日の予選のデータなども参考になりますが、逃げが25%と全体の平均を見てもかなり上回ることがわかります。(出典:KEIRIN.JP

元々が走りやすい競輪場であり、競走能力を発揮しやすいというのも大きな特徴です。

2月20日初日の予選では、6レース中2レースで逃げが決まっています。2着はマークでしたが、配当は非常に安く、3連単170円というレースも。

これがガールズケイリンの予選になると、逃げは33%にまで跳ね上がります。まくりはもっと増え、差しには厳しい状況です。

予選は力量差がもっとも出やすいので、脚力だけでどうにでもなる可能性が考えられます。しかし、ガールズケイリンの決勝になるとまくり天国になるので、あくまでも予選だけの傾向です。

小倉競輪場で勝つためのコツ

以上の分析などから、小倉競輪場で勝つためのコツは以下の通りです。

  • 高速バンクだが、最近になって重いという声も
  • 三番手の突き抜けは少し厳しい
  • 競輪祭決勝は逃げ残りも期待できる
  • 予選は逃げが有利

レース数は非常に多く、ミッドナイト競輪のメッカでもある小倉競輪場。競輪祭の決勝はスジ車券を買わないようにするというのも1つのやり方ではないでしょうか。

様々なデータ、ファクターを基に予想を組み立てていきましょう。

口コミ投稿

タイトルとURLをコピーしました