久留米競輪場の特徴や傾向・予想のポイント

競輪場
久留米競輪場 競輪場

競輪界のレジェンドである中野浩一さんがホームバンクにしていたことでも知られる久留米競輪場。全日本選抜競輪などビッグレースも過去には開催される競輪場で、地震の影響で2021年まで使えない熊本競輪の代替開催も行われています。

直線が平均的な長さなので、特徴をつかみにくいと苦手意識を持つ方が多いかもしれません。しかし、レースのグレードによっては、逃げの決まり手が結構多いという結果も。詳細なデータを基に、久留米競輪場の傾向と対策、特徴を探っていきます。

久留米競輪場の特徴まとめ

毎年6月に、記念競輪として「中野カップレース」が開催される久留米競輪場。1991年と2016年に全日本選抜競輪、2003年にふるさとダービー、2008年には共同通信社杯競輪が開催されています。

そんな久留米競輪場の特徴ですが、以下の3つの点が出てきます。

  • クセがない平均的なバンク
  • 脚質は不問、展開次第
  • 決まり手は差しとまくり、2着はマーク優勢

これら3つのポイントについて、解説を始めます。

バンクの特徴

バンク基礎データは以下のようになっています。

見なし直線距離 センター部路面傾斜 直線部路面傾斜 ホーム幅員 バック幅員 センター幅員
50.7m 31°28′37″ 3°26′1″ 11.0m 10.0m 9.0m

久留米競輪場の直線の長さはおよそ50メートル程度と平均的な長さです。

カントもそこまであるわけではなく、平均的な、クセのないバンクです。

ただ、3コーナーはスライスするという地元選手の声もあり、まくるなら早めにまくりたいというのがあるようです。(出典:久留米競輪場|Kドリームス

風が吹いて重いとか、天候の影響を受けやすいということもなく、あとはどこで仕掛けるのか、それを把握しているかどうかにかかっています。

裏を返すと、クセがない分、特定の選手に有利に働く、不利に働くということがないので、調子などが左右することも考えられます。

脚質

次に、久留米競輪場の3着までの脚質についてご紹介します。

着順
1着 39% 39% 22%
2着 26% 57% 17%
3着 20% 63% 17%

参照:KEIRIN.JP

「逃」脚質も「追」脚質も同じような数字が残されており、脚質の有利不利はデータを見る限りでは考えにくいです。

ただ、それは1着の話であり、2着、3着になれば「追」脚質が優勢です。2019年になって最高の上がりタイムが更新されており、脚力があってスピードを出せる選手が来ると、展開を差し置いて1着になれるかもしれませんが、基本的には展開次第。

どの選手が逃げるのか、まくりを決めるのか、差しやマークに徹するのは誰か、これを出走表を見て判断し、展開を検討していくのが面白いでしょう。

決まり手は差しとまくり、2着はマーク優勢

1着の決まり手
逃げ 19% まくり 32% 差し 49%

出典:keirin.jp

この数値は他の400バンクと変わらず、小倉競輪場の1着の決まり手とほぼ同じです。

400バンクにおける予想の組み立て方がここでも通用しますが、基本的には差しとまくりを考えるのがいいでしょう。

2着の決まり手
逃げ 17% まくり 17% 差し 28% マーク 38%

出典:keirin.jp

先ほどの小倉競輪場のデータとこちらもあまり変わりませんが、若干マークと差しの差が詰まっているため、わずかにマーク優勢という感覚を持つべきでしょう。

直線が小倉競輪場と比べると8メートル短い分、差しの数字が若干よくなり、マークの数字を落としたと考えるのが妥当です。

ただ、これらの数字は、すべてのレースを対象にしたもので、クラス別で分けると変化します。これは後ほど解説します。

 

久留米競輪場のレース成績から傾向を読み解く

2020年1月30日~2月1日に開催されたFIIガルコレTR 駅前不動産カップにおける1着と2着の決まり手回数を表にまとめてみました。

日付 着 逃げ まくり 差し マーク
1月30日 1着 3 4 5
1月30日 2着 2 1 4 5
1月31日 1着 4 5 3
1月31日 2着 0 4 3 5
2月1日 1着 3 2 7
2月1日 2着 3 4 3 2

参照:KEIRIN.JP

先ほどデータで示したような形に近い結果がこの3日間で出されました。逃げが2着に残らない時もありましたが、一定の数字は残しています。

 

逃げが強い時は6レース逃げ決着、そのうちの5レースがマークという結果になるなど、このあたりを参考にしていきましょう。

決勝は基本的に逃げが残しにくい

決勝だけで絞ってみると、逃げは12%まで落ち、まくりが41%に跳ね上がります。(出典:KEIRIN.JP

12月に開催されたA級チャレンジ決勝、A級決勝では、いずれもまくりの選手が勝ち、2着も差しという結果に。特にA級決勝は2車単で2万車券、3連単で8万車券と荒れました。

全体のまくりの平均が32%だったことを考えれば、決勝だけで10ポイント近く高くなるわけです。2着に関してもまくりが台頭し、逃げの肩身は狭いです。

レースグレードをF1やF2、G3に分けても、クラスをA級、S級に分けても、どの場合でも逃げが不利です。実力差が詰まる状況下では、逃げるのは至難の業という考えがいいでしょう。

ちなみに準決勝は平均とさほど変わりません。

FⅡの予選はまくりより断然逃げ

決勝だけやたら逃げが残らない、しかもクラスもレースグレードも関係ない、では、どこで逃げ有利になるのか。

1着の決まり手で逃げが一気に増えるのはFⅡの予選です。実に28%が逃げ、まくりを上回ります。(出典:KEIRIN.JP

1月30日に行われたFⅡの予選では、A級チャレンジ予選で5レース中3レースが逃げでした。それ以外では逃げは決まっておらず、A級チャレンジ予選が狙い目となりそうです。

S級予選でも逃げの数値が高くなる傾向が見られましたが、しかし、A級ほどではありません。

久留米競輪場で勝つためのコツ

以上の分析などから、久留米競輪場で勝つためのコツは以下の4点です。

  • クセは少ないが、3コーナーでスライスすることも
  • データ上から脚質の有利不利はない
  • 決勝になるとまくりが効果的
  • FⅡ予選やA級予選では逃げが決まりやすい

クセはないながらも、特定の条件になると逃げやすくなる久留米競輪場。レース番号の早いところで逃げを狙っていくのがいいかもしれません。

様々なファクターやデータを参考に、予想を行っていきましょう。

口コミ投稿

タイトルとURLをコピーしました