松阪競輪場の特徴や傾向・予想のポイント

競輪場
松阪競輪場 競輪場

松阪競輪場は三重県松阪市にあり、2018年6月からミッドナイト競輪が開催されるようになり今までよりも車券を買う機会が増える競輪場です。
そんな松阪競輪で競争得点が高いからといって先行選手ばかり買って外していませんか。このバンクは先行選手が不利な特徴があり、それを考慮に入れて予想を立てないと勝てません。
このページでは、松阪競輪で勝つために必要なデータを分析をし、勝ちへの道しるべとなるように解説していきますので最後まで読み進めてくださいね。

松阪競輪場の特徴まとめ

松阪競輪場は伊勢神宮とも近く、伊勢観光と併せて旅打ちができる競輪場です。旅打ち競輪で大儲けしたら松阪牛を懐を気にせず食べられるかもと思ったら俄然やる気がでてきますね。ネット投票でも2018年6月からミッドナイト競輪を開催するようになり購入頻度が増えた競輪場の一つです。

マスコットキャラクターは地元の名産品である松阪牛をモチーフにした可愛らしいキャラクターの「マック」と「マッキー」で、冠レースも開催されています。

松阪競輪はバンクに特徴があり、その特徴通りに決まり手の傾向がでています。つまり、決まり手の傾向を掴むことが車券の回収率向上に役立つことになります。そこで松阪競輪場の特徴を大まかに3つにわけてみました。

  • 直線距離が長く、カントがキツめ
  • 脚質は縦脚のある追い込み型を狙う
  • 決まり手は逃げが不利で差し有利

上記の3つの特徴を1つずつ解説していきます。

直線距離が長く、カントがキツめ

松阪競輪場のバンクデータは以下の通りです。

見なし直線距離 61.5m
センター部路面傾斜 34°25’29”
直線部路面傾斜 2°51’45”
ホーム幅員 10.9m
バック幅員 9.0m
センター幅員 7.7m

出典:keirin.jp

松阪競輪場は、競輪場で標準距離となっている一周400mのバンクです。4コーナー出口から決勝線までの見なし直線は61.5mで、これは全国31場ある400mバンクのみなし直線距離の平均値56.1mに比べても長い直線距離となっています。

走路の傾斜であるカントはキツく作られていて、33バンクと変わらないほどカントがキツくなっています。カントがキツくなればなるほどスピードがあがるので、松阪バンクは高速レースが楽しめるバンクです。直線が長く、スピードレースになるので選手の実力が結果に反映されやすくなっています。

脚質は縦脚のある追い込み型を狙う

松阪競輪はカントがキツくスピードレースになるので、自力選手のスピードが存分に発揮されるバンクです。しかし、直線が長いので自力選手がスピードを持続できず最後に交わされることも多いです。そんな特徴から狙いたいのが、縦脚のある追い込み選手です。
ただ気を付けたいのは脚力のない追い込み選手は評価を下げたいということです。自力選手を追走できる脚力がないと直線まで脚を温存できません。あまり脚力のないマーク選手、特にA級チャレンジ戦では配当妙味を考えると思い切って消してもいいくらいです。追走が楽にできれば自力選手からスピードをもらっている分、楽に直線交わすことができます。

決まり手は逃げが不利で差し有利

松阪競輪場の決まり手データをみていきましょう。
1着の決まり手

逃げ 21% 捲り 32% 差し 47%

2着の決まり手

逃げ 18% 捲り 19% 差し 30% マーク 33%

出典:keirin.jp

S級戦からA級チャレンジまで含めた成績では、差しの決まり手が目立ちます。一方逃げと、捲りは平均的な数字といっていいのではないでしょうか。マークよりも1着差しが多いので、とにかく差しを頭で買うのが狙い目です。

S級戦の1着決まり手

逃げ 11.4% 捲り 34.5% 差し 53.7%

A級1・2班戦の決まり手

逃げ 15.9% 捲り 33.5% 差し 50.6%

出典:Gamboo

S級戦とA級戦では選手が使える脚の長さに差があり、S級戦のほうが選手の位置取りの出入りが激しく逃げの決まり手が少ない傾向があります。松阪競輪でもS級のほうが逃げの決まり手が少なくA級の方が決まりやすくなっています。捲りは同じような数字ですので、先行選手の仕掛ける位置とマーク選手の脚力の差だと言えます。

松阪競輪場のレース成績から傾向を読み解く

これまで松阪競輪場の特徴をみてきました。次にその特徴を踏まえ、実際のレース成績から傾向を探っていきましょう。

  • S級戦の逃げの頭は買いづらい
  • スジとスジ違いは五分五分
  • ライン3番手選手を狙うなら頭で

以上の3つの項目に注目して、レースの傾向を読み解いていきましょう。

S級戦の逃げの頭は買いづらい

松阪競輪場は、直線が長いというバンク特徴、決まり手の数字上でも逃げが不利なバンクですが、S級戦ではその傾向がより顕著にでます。S級戦での逃げの1着率の11.4%は、全国に31場ある400mバンクの中でワースト6位と低調な傾向となっています(出典:Gamboo)。

2019年1月に開催されたG3蒲生氏郷杯王座競輪では、全48レース中で逃げた選手の1着は7回でした。一方で差しの1着の決まり手は28回でした。この結果を踏まえると頭で買うのは先行選手ではなく、追い込み選手という結論になります。

スジとスジ違いは五分五分

松阪競輪場のスジ車券の出現率は49.22%で、400mバンクの31場の中で8番目にスジ車券で決まりやすい競輪場です(出典:Gamboo)。逆を言えば半数以上はスジ違いで決まるので、スジ車券派にも、スジ違い好きにも向いている競輪場ともいえます。1着は差しが有利ですので点数を絞りやすいバンクです。

2019年1月に開催されたG3蒲生氏郷杯王座競輪では、全48レース中26回がスジ、22回がスジ違いという結果になりました。頭は差しから、スジでもスジ違いでも勝負できます。

ライン3番手選手を狙うなら頭で

松阪競輪場のライン3番手選手の1着率は4.65%で、400mバンク全31場の中で6番目によい数字となっています。直線が長いことももちろんですが、カントがキツくスピードに乗ったレースになりやすいのでライン3番手選手も自力選手のスピードをもらえるので直線前が開けば伸びることが要因となって1着が多くなっています。しかし、3連対率は37.1%と31場のなかでブービーの数字になっています(出典:Gamboo)。これはカントがキツくスピードレースになるためライン3番手の選手が千切れやすいためです。
なのでライン3番手選手はヒモで買うよりも頭で買って、的中率よりも高配当を1本取って回収率を上げるほうが賢明な買い方と言えるでしょう。

松阪競輪場で勝つためのコツ

いかがだったでしたか。以上のように松阪競輪は傾向のはっきりしているバンクだということがわかっていただけたかと思います。最後にもう一度おさらいをしましょう。

  • 直線距離が長く、カントがキツめなので縦脚のある追い込みを狙う
  • 逃げの頭は買いづらい
  • ライン3番手はヒモより頭

以上を踏まえますと、本命党の人は「差しー逃げ」「差しー捲り」「捲りーマーク」で、中穴党の人は「差しー差し」「捲りー差し」、大穴党の人はライン3番手選手の頭から狙って買うのがおすすめの買い方となります。松阪競輪場は、どの買い方でも収支が期待でき魅力的な競輪場です。

 

口コミ投稿

タイトルとURLをコピーしました