【的中率UP】競輪選手の実力から予想する方法

競輪攻略コラム
競輪選手 競輪攻略コラム

「競輪選手の実力差ってどの程度レース結果に影響するの?」という疑問も多いと思います。競馬と違って競輪は人が競うレースですから、実力差を見ればある程度予想ができそうですよね。

事実として、競走得点に10点以上の開きがあれば、強い選手の方が遥かに勝率が高いです。つまり判断材料として非常に有効だということですね。

そこで今回は、予想する上で大事な競走得点と選手のランク(班級)について詳しく解説します。この仕組みを理解するだけで深みのある予想ができ、的中率が上がりますよ!

競輪選手の階級の仕組み

全4000人の競輪選手は、以下の6つの階級に分かれてランク付けされています。
※ガールズケイリンの場合は「L級1班」が追加される

  • S級S班
  • S級1班
  • S級2班
  • A級1班
  • A級2班
  • A級3班

S級S班が最高峰のランクで、下に行くにつれてランクダウンしていきます。前期と後期に分かれて競走得点の平均値によってランク付けが決まり、班級の入れ替えが行われる仕組みです。

班級は競走得点によって決まるので、レースで勝てば得点の平均値が上がり、強い選手とみなされるのです。当然その方が人気も上がりますし、選手も賞金額が大きいグレードの高いレースに出場できるようになります。

S級S班は4000人中たったの9人しかいません。基準を超えた獲得賞金額と最高グレードのレースであるG1レースの優勝者でなければ達成できない狭き門なのです。

レースのグレードについて

レースにもグレードがあり、高いグレードほど強い選手がしのぎを削るパワフルな戦いが繰り広げられます。当然賞金額も高額ですし、荒れたレースであれば高いオッズも期待できます。

  • GP
  • G1
  • G2
  • G3
  • F1
  • F2

レースは上記6つのグレードに分かれています。細かいグレード分けによって、実力が拮抗した選手で競うようにできています。

最高峰のグレードにあるGPとは「KEIRINグランプリ」というレースで、その年のG1優勝者や賞金額が多い勢いあるトップ選手たちが集まる、いわばオールスター戦のような位置付けです。最も盛り上がるハイレベルなレースといえますね。

選手の実力から予想を組み立てる方法

レースの予想を組み立てる上で、選手の実力を考慮するのは必須とも言えます。競走得点の差が大きく開いていれば、当然得点の高い選手が勝つ可能性が高いのです。

もちろんバンクの状況や脚質、選手の状態などの要因によって実力差が埋まることもありますが、圧倒的な実力差であれば他の要因をものともしないパワフルさで勝負が決着します。

特にラインを形成する上で、自力選手に競走得点が高い選手が来た場合、そのラインは非常に強力な候補となり得ます。たとえ番手選手が競走得点が低かったとしても、自力選手の実力次第で車券に絡む可能性がグッと上がるんです。

班級入れ替え時に注意する

ただし、競走得点だけで予想を組み立てるのは非常に危険です。強い選手は必然的に人気も高くなるので、オッズが低くて車券妙味が少ないことも。

「仮に的中しても美味しくないし、外れる可能性も十分ある…」なんてケースも悩ましい場面ですよね。よほど自信がない限りはスルーすべきだと判断します。

特に注意して欲しいのが、班級入れ替え直後の競走得点です。降格したばかりの選手と残留選手、昇格した選手が入り混じる時期では、前期の競走得点だけで実力差を測ることが困難になるのです。

たとえば、S級2班から降格した選手とA級2班から昇格した選手がA級1班で勝負した場合、競走得点は前期の班級で計算された数値になるので、昇格した選手の方が強いように錯覚します。数値だけで判断するのは危険なので、これまでの戦績もしっかり目を通しましょう。

まとめ:出走表から選手の実力を見抜こう

以上が選手の実力から予想する方法でした。簡単に言ってしまえば、競走得点が予想にもたらす影響が大きいというだけの話なのですが、仕組みや注意点も押さえておく必要があるんですね。

出走表を見れば競走得点や班級、レースのグレードや直近の戦績までカバーできるので、隅々まで目を通して予想に役立ててみてください。

口コミ投稿

タイトルとURLをコピーしました