四日市競輪場の特徴や傾向・予想のポイント

競輪場
四日市競輪場 競輪場

四日市競輪場は三重県四日市市にあり、記念競輪を除いた全レースがナイター競争という独自の戦略を取っている競輪場です。ナイターレースの愛称は「ベイサイドナイトレース」で、仕事やデート、お出かけの帰りにちょっと競輪というコンセプトでPR活動を行っています。

そんな四日市競輪場で、直線が長く風が強い特徴を考慮せずに車券を買っていませんか。バンクの特徴から逃げが不利というデータがでています。通年ナイター競争を行っている四日市競輪を攻略することは回収率を上げるチャンスですから傾向と対策を掴んでいきましょう。
このページでは、豊富なデータをもとに四日市競輪場を分析をしていくので最後まで読み進めてくださいね。

四日市競輪場の特徴まとめ

四日市競輪場の前身は霞ケ浦馬場という競馬場で、霞ケ浦土地株式会社が所有者になっていました。1952年に競輪場に改修され霞ケ浦競輪場として開設されました。その後所有権が霞ケ浦土地株式会社から四日市市に移ったことで名称が現在の四日市競輪場に改称されました。

バンクのバック側が海と近く、風が強いことで有名です。マスコットキャラクターは鯨をモチーフにした「フォーリン」で、四日市の4と競輪のリンを合わせて名づけられました。

そんな四日市競輪場は、バンクに特徴があり決まり手に傾向が出ています。四日市競輪場の特徴をおおまかに3つにまとめました。

  • 直線が長く、走路幅の広い400mバンク
  • 脚質は縦脚のある追い込み
  • 決まり手は逃げが不利

上記の3つの特徴を1つずつ解説していきます。

直線が長く、走路幅の広い400mバンク

四日市競輪場のバンクデータは以下の通りです。

見なし直線距離 62.4m
センター部路面傾斜 32°15’7″
直線部路面傾斜 2°51’45”
ホーム幅員 13.3m
バック幅員 11.5m
センター幅員 8.5m

出典:keirin.jp

四日市競輪場は、競輪場で標準となっている一周400mのバンクです。4コーナー出口から決勝線までの見なし直線は62.4メートルで、400mバンクの平均56.1mに比べ直線が長いのが特徴です。ホームとセンター幅も他場に比べ広く走りやすいバンクです。

傾斜であるカントは標準的に作られています。一般的にカントがキツくなればなるほどスピードに乗ったレース展開となりやすく、カントが緩いとスピードに乗りづらいと言われています。四日市はカントが標準的ですのでどの選手にもチャンスがあり、力通りの決着になることが多いです。

バック側が海に面しており風の強さと向きには注意が必要です。また、ナイターレースでは気温の低下によりバンクが湿気で湿って重くなると言われています。

脚質は縦脚のある追い込み

四日市競輪場は海から近い為海風の影響を強く受けるバンクで、レース時の平均風速は1.99mで400mバンク全31場の中で4番目に風の強いバンクとなっています(出典:Gamboo)。そのため積極的に狙いたい脚質は風の影響を受けづらい追い込み選手です。特に縦脚のあるタイプの選手は直線が長く、走路幅が広く走りやすいバンクですから、どの位置からでも突っ込んでくることができるので積極的に買いとなっています。

決まり手は逃げが不利

四日市競輪場の決まり手データをみていきましょう。
1着の決まり手

逃げ 18% 捲り 36% 差し 46%

2着の決まり手

逃げ 19% 捲り 14% 差し 34% マーク 33%

出典:keirin.jp

S級戦からA級チャレンジを含めた全成績では、逃げが苦戦し捲りと差しが好成績をあげています。地元の選手もコメントで「捲りが決まりやすいバンク」といっていますので捲りから狙うのがよさそうです。次に、さらに細かく級班ごとの決まり手をみていきましょう。

S級戦の1着決まり手

逃げ 12.7% 捲り 37.1% 差し 50.2%

A級1・2班戦の決まり手

逃げ 16.1% 捲り 37.3% 差し 46.6%

出典:Gamboo

S級戦では、位置取りに動く選手同士の動きが活発になり逃げの決まり手が減り捲りが増える傾向があります。四日市競輪においても、S級戦とA級戦で逃げと捲りの決まり手に差が出ているということを頭に入れておいた方がよいでしょう。さらにA級戦では差しの決まり手が減っていることも特徴で、力のある選手が逃げた場合マーク選手が差し込めない特徴がありそうです。

四日市競輪場のレース成績から傾向を読み解く

四日市競輪場の特徴を知ったうえで、その特徴を踏まえて実際のレース成績から傾向を探っていきましょう。

  • スジ違いから狙っていきたい
  • ライン3番手選手も買い目にいれる
  • 海風の影響に注意

以上の3つの項目に注目して、レース傾向を読み解いていきましょう。

スジ違いから狙っていきたい

四日市競輪場のスジ違い車券の出現率は54.45%です(出典:Gamboo)。この数字は、400mバンク全31場の中で5番目に良い数字となっています。直線が長く、風の影響を受けやすいためにライン同士でのスジ車券よりもスジ違いで決着しやすい特徴があります。ラインでの決着よりも配当が高いため、トータルでの回収率を上げるにはスジ違いを狙っていく方が良いです。

その傾向が顕著に表れたのが、2019年11月10日に行われたG3泗水杯争奪戦の最終日です。なんと12レース中9レースがスジ違いの車券で決着し、全体では9レースで3連単が万車券となっていました。こういう日にスジ違いだけを狙っていたらかなり回収できるのではないでしょうか。

ライン3番手選手も買い目にいれる

四日市競輪場のライン3番手選手の1着率は4.21%で400mバンク全31場中で9番目の数字となっています。3連対率は39.6%で平均的な数字といえます(出典:Gamboo)。
直線が長い割にライン3番手選手の車券への絡みは目立った数字とはなっていませんが、どちらの数字も悪いとまではいかない数字ですので買い目には入れておいて損はないでしょう。

海風の影響に注意

四日市競輪場は海から近い為海風の影響を強く受けるバンクで、レース時の平均風速は1.99mで400mバンク全31場の中で4番目に風の強いバンクとなっています(出典:Gamboo)。一般的にはバック追い風で先行有利、バック向かい風で捲りが有利と言われています。バックは夏で向かい風、冬に追い風になりやすいです。

2018年の2月11日に行われたG1読売新聞社杯全日本選抜競輪の3日目では逃げの決まり手が1着5回と追い風を味方につけて快勝しています。風向きと風の強さには注意が必要ですね。

四日市競輪場で勝つためのコツ

いかがだったでしょうか。これまで四日市競輪で勝つためのコツをみてきました。最後に傾向をもう一度おさらいします。

  • 直線が長く、走路幅の広い400mバンクなので捲りと追い込みが有利
  • スジ違いから狙っていく
  • ライン3番手選手も買い目にいれる

これらを踏まえると、縦脚のある追い込み選手を頭に固定してスジ違いの3連単フォーメーションで高配当を狙っていくのがおすすめとなっています。
しかし、風が強くバック追い風の日は逃げも残りますので、逃げ選手から勝負して高配当を狙うなど状況に合わせて予想していきましょう。

口コミ投稿

タイトルとURLをコピーしました